学内共同利用(リユース機器)新規追加のお知らせ

科学機器リノベーション・工作支援センターでは、大阪大学学内の教育研究設備・機器のリユース及びその共同利用を推進しています。

平成29年1月5日より、薬学研究科から分離用超遠心機が共同利用機器に登録されました。

○分離用超遠心機

機器詳細
核酸、タンパク質からウィルス、オルガネラまで、幅広いサンプルの遠心分離に使用できるフロア型多機能超遠心機である。

最高回転数(rpm):90,000
回転制御精度:±20 rpm以内(1,000 rpm以上の回転において)
温度設定範囲:0~40℃まで1℃刻み
温度制御精度:±0.5℃(温度平衡後±0.3℃以内)

利用可能なローターは以下の通りです。

アングルローター
 Type 45Ti
 Type 50.2Ti
 Type 70Ti
 Type 70.1Ti
 Type 100Ti

スイングローター
 SW55
 SW41
 SW41Ti

なお、ローターに適合した超遠心機用チューブは利用者各自が用意してください。

機器利用についてはこちら