革新的研究教育基盤機器開発整備事業について

大阪大学の研究・開発力を生かし、手作りで阪大オンリーワンの汎用性先端機器を開発しています。
研究者の目線で開発した装置は、いずれも研究環境のニーズにあったユーザーフレンドリーな設備です。
これまでに革新的研究教育基盤機器開発整備事業(平成20年度~平成24年度)により下記の7機種の開発が完了し、いずれも開発者との共同研究によりご利用いただけます。

>>【機器利用お問い合わせフォーム】

革新機器一覧(画像をクリックすると詳細ページを閲覧できます)

■平成20年度 革新的研究教育基盤機器開発整備事業


■平成21年度 革新的研究教育基盤機器開発整備事業


■平成22年度 革新的研究教育基盤機器開発整備事業


■平成23年度 革新的研究教育基盤機器開発整備事業