新着情報一覧

2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度

2017-05-19

●追加の講習会開催のお知らせ

科学機器リノベーション・工作支援センターでは、大阪大学学内の教育研究設備・機器のリユース及びその共同利用を推進しています。 このたび、追加の講習会開催が決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

高輝度単結晶X線回折装置「湾曲IP」講習会

日時:6月6日(火)13:30~15:00。
場所:産業科学研究所 総合解析センター203号室(吹田キャンパス)

 

電子スピン共鳴装置講習会

日時:6月16日(金)10:00~10:45,13:00~13:45。
場所:理学研究科 F棟216号室(豊中キャンパス)

 

全自動水平型多目的X線回折装置(薄膜)講習会

日時:6月16日(金)10:00~17:00
場所:産業科学研究所 総合解析センター 203号室(吹田キャンパス)

2017-04-27

●教員(准教授 研究設備リノベーション支援室長)公募のご案内

科学機器リノベーション・工作支援センターでは教員(准教授 研究設備リノベーション支援室長)1名を公募します。

詳細はこちらをご覧ください。

(参考例)研究開発活動・マネージメント・支援業務・人材育成の経験に関する一覧

 

2017-04-01

●学内共同利用(リユース機器)バージョンアップのお知らせ

科学機器リノベーション・工作支援センターでは、大阪大学学内の教育研究設備・機器のリユース、およびその共同利用を推進しています。

平成29年4月1日より、リユース機器(No.90)理学研究科 核磁気共鳴装置(400MHz NMR)液体用・固体用と リユース機器(No.98)理学研究科 EDS元素分析システム搭載電界放出形走査電子顕微鏡に新たな機能が導入されました。

○リユース機器(No.90)理学研究科 核磁気共鳴装置(400MHz NMR)液体用・固体用

【説明】
低周波ユニット導入
H27年度導入された広温域HXMAS/VTプローブに装着することでこれまで測定出来なかった15N 以下の低周波数核の測定が可能になりました。
主な観測核:14N・15N・25Mg・33S・35Cl・43Ca・47Ti・49Ti・97Mo

○リユース機器(No.98)理学研究科 EDS元素分析システム搭載電界放出形走査電子顕微鏡

【説明】
機器名:大口径ソフトプラズマエッチング
メーカー(型式):メイワフォーシス SEDE-P
仕様・特徴:グロー放電、有効径φ148㎜の大口径なプラズマ処理が可能
使用可能ガス:大気
本装置により、下記の事が可能です。
1. リビングSEM(添付pptxファイルおよび、論文Microscopy 2014 295参照。)
2. サンプルやTEMグリッドなどの表面親水化処理
3. サンプルなどの表面のクリーニング(ソフトマテリアル表面のコンタミの除去も可能)etc…
料金・課金形態:自主利用 1サンプル 100円
料金調整:その他、分析室で用意した消耗品を使用した場合は応分負担。