学外利用機器一覧(委託分析・機器利用)

現在、以下の22機種について大阪大学学外からの機器利用を受け付けております。
お問合せには、ページ下部の「お問い合わせフォーム」および電話(06-6879-4781)をご利用ください。

委託分析

■高周波プラズマ発光分析装置

高周波プラズマ発光分析装置 島津製作所ICPS-8100

ICP, 島津製作所ICPS-8100

ICPは試料に含まれるごく微量の元素をppmオーダーまで定量的に検出することができる装置です。
主に、金属やセラミクスなど無機材料の組成分析、環境に含まれる微量元素の検出に使用されます。
測定可能元素:C, N, O, ハロゲン元素を除くほぼすべての元素

利用料金:
 測定(無機溶媒試料)  1試料につき  5,000円
 測定(有機溶媒試料)  1試料につき  10,000円
 検量線作成       1元素につき  3,000円

※試料前処理が必要な場合は、別途処理費を要する。

 

■電子プローブマイクロアナライザー

電子プローブマイクロアナライザー 日本電子JXA-8800R

EPMA, 日本電子JXA-8800R

EPMAは固体試料表面近傍の元素を同定し、定量分析できる装置です。
マッピング分析・線分析により元素の分布状態も評価することができます。
その他、カソードルミネッセンスの測定も可能です。
測定可能元素:B(5)~U(92)
試料ステージ:80mm×80mm
カソードルミネッセンス測定波長:300nm~900nm

利用料金:
 定性分析      1試料につき 15,000円
 元素マッピング   1時間につき  6,000円

※試料前処理が必要な場合は、別途処理費を要する。

 

■有機微量元素分析装置

102genso

YANACO CHNコーダー MT-5

測定方式:差動熱伝導度法、自己積分方式
測定精度:絶対誤差±0.3%以内
試料量: 有機物 約2 mg
測定範囲:水素 0.5~400 μg  炭素 3~2600 μg  窒素 1~1000 μg

利用料金:
 1)測定・解析(構成元素として以下の元素のみを含む試料)
   C,H,O,N,S,Cl,Br,I1試料につき 12,000円
 2)測定・解析(上記以外の元素を含む試料)1試料につき 16,000円

※ただし、1)で灰分が出た場合は、別途1試料につき4,000円を要する。
※以下の試料は分析できません。
Se,Ru,Re,Os,Hgを含む試料
吸湿性・揮発性が著しく大きい試料

 

■フーリエ変換質量分析システム

フーリエ変換質量分析システム ブルカーダルトニクス APEX IV-HR

FT-ICR MS, ブルカーダルトニクス APEX IV-HR

本機はタンパク質、糖、DNAなどの生体高分子を、有効数字6ケタ以上の精度で測定可能なFT-ICR型質量分析計です。
分子全体の精密分子量解析、プロテオーム解析や多種類の分子混合物の測定にも対応しています。

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 17,000円

※試料前処理が必要な場合は、別途処理費を要する。

**委託分析は内容により、お受けできないことがございます。ご了承くださいますようお願い致します。**

 

■エレクトロスプレーイオン化タンデム型質量分析システム

エレクトロスプレーイオン化タンデム型質量分析システム ブルカーダルトニクス micrO-TOFQII

ESI-Qq-TOF MS, ブルカーダルトニクス micrO-TOFQII

本機は低分子から、タンパク質などの生体分子まで対応した質量分析計です。
分析部は四重極型と飛行時間型の両方に対応したハイブリッド方式を採用しています。
ナノLCとオンラインで直結しており、LC-MS/MSを高精度・高速で行うことができます。

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 9,000円

※試料前処理が必要な場合は、別途処理費を要する。

**委託分析は内容により、お受けできないことがございます。ご了承くださいますようお願い致します。**

 

■マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計

AXIMA-CFR

島津KRATOS AXIMA-CFR

測定可能なm/zのレンジ:10 – 300000 最大分解能:10000(リフレクトロンモード時。リニアーモード時は3000程度)
操作が比較的簡単で広範な化合物の分析に有用である。また、自動分析システムを搭載している為、最大384点の自動分析を行う事も可能です。

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 5,000円

※ただし、1試料につき基本料金として、別途2,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

**委託分析は内容により、お受けできない場合があります。ご了承くださいますようお願い致します。**

 

■ESI (or DART)-LIT-Orbitrap型質量分析装置

LTQ-Orbitrap XL

Thermo Fisher Scientific LTQ-Orbitrap XL

概要・特長・仕様
Orbitrapでフルマススペクトルを取得しながら同時にリニアイオントラップでそれらのMS/MSスペクトルを取得するパラレル検出が可能。 試料を前処理なしに直接イオン化し分析することが可能なDART-MS/MSによる有機化合物の迅速なスクリーニング分析及び確認分析が可能。
イオン源:ESI、DART、micro-ESI
測定可能な m/z の範囲:m/z10~4,000
最大分解能:100,000 (m/z 400、Orbitrap使用時)
質量精度:±0.0005 (m/z 400、Orbitrap使用時)

用途
Orbitrap による高分解能・精密質量測定、DARTによる天然物の迅速スクリーニングや合成化合物のハイスループットスクリーニング、揮発性成分のリアルタイム分析等が可能。

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 12,000円

※ただし、1試料につき基本料金として、別途2,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

**委託分析は内容により、お受けできない場合があります。ご了承くださいますようお願い致します。**

 

■サーマル電界放出型走査電子顕微鏡

JSM-7600F

FE-SEM,JEOL JSM-7600F

二次電子分解能:1.0nm@15kV,1.4nm@1kV 観察可能倍率:x25~x1M 加速電圧:0.1kV~30kV 検出器:二次電子検出器・リトラクティブ反射電子検出器・EDS
電界放出型電子銃・セミインレンズタイプである為、高輝度・高分解能観察が可能です。 ジェントルビームモードにより、極低エネルギー(数百eV)での表面観察が可能です。 リトラクティブ反射電子検出器を用いた、二次電子・反射電子・凹凸像・組成像の同時観察・撮影が可能です。 TEMグリッドを固定する専用ホルダを用いることで、TEM観察に用いたものと同一のサンプリングロットの サンプルを容易に観察出来ます。

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 3,500円

※ただし、1試料につき基本料金として、別途2,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

**委託分析は内容により、お受けできない場合があります。ご了承くださいますようお願い致します。**

 

■透過電子顕微鏡

JEM-2100

TEM,JEOL JEM-2100

分解能:粒子像0.23nm、格子像0.14nm 観察可能倍率:x50 ~ x 1.5M 加速電圧:50kV ~ 200kV
LaB6フィラメントを用いている為、電子銃が長期間(数年単位)安定して使用可能です。 高い空間分解能による結晶格子観察です。 CCDカメラによる短時間でのデータ取得および動画撮影が可能です。 SEM-EDSとの連動で同一サンプリングロットのサンプルの内部情報、元素組成などを取得できます。透過像での観察の他、電子線回折像による結晶構造解析が可能。

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 4,500円

※ただし、1試料につき基本料金として、別途2,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

**委託分析は内容により、お受けできない場合があります。ご了承くださいますようお願い致します。**

 

■核磁気共鳴装置(400MHz NMR)液体用

ECS400

NMR,JEOL ECS400

仕様
・OS:Windows7 ソフトウェア:Delt Ver.5.0.5
・オートサンプルチェンジャ(24本対応)
Probe
・5 mm JEOL TH5AT/FG probe
S/N比:1H ≥ 370:1 13C ≥ 270:1 15N ≥35:1 31P ≥ 130:1
測定温度範囲:-100 ºC ~ 150 ºC

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 5,000円

※ただし、試料調製が必要な場合は、1試料につき調製費として、別途5,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

 

■核磁気共鳴装置(400MHz NMR)液体用・固体用

img_00090

NMR, JEOL RESONANCE ECA400WB

液体試料・固体試料の両方に対応したNMRです。
【搭載プローブ】
・固体プローブ
4mm JEOL HXMAS Probe
測定温度:-100℃~150℃
最大回転数:18kHz
5 mm Doty WL solid probe nospin
測定温度範囲:-10ºC – 150ºC
7 mm Doty H/X CPMAS solid probe
最大回転数 ≤ 7 kHz
測定温度範囲:室温 – 150ºC
・半固体プローブ
4 mm H/X FGMAS probe
S/N比:1H ≥ 90:1
最大回転数 ≤ 9 kHz ( Kel-Fキャップ)、≤ 18 kHz (Vespelキャップ)
測定温度範囲: 室温 – 50ºC ・溶液プローブ
5 mm JEOL 40TH5AT/FG2WB Probe
S/N比:1H ≥ 220:1 13C ≥ 180:1
測定温度範囲:室温 ~ 100 ºC

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 10,000円

※ただし、試料調製が必要な場合は、1試料につき調製費として、別途5,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

 

■核磁気共鳴装置(400MHz NMR)固体用

AVANCE400WB

NMR,Bruker Biospin AVANCE400WB

仕様
・OS:Windows7 ソフトウェア:Topspin Ver.3.1
Probe
・4 mm Bruker WL Static solid Probe
最大回転数 ≤ 20kHz
測定温度範囲:-100ºC-150ºC
・4 mm Bruker H/X/Y CPMAS solid Probe
最大回転数 ≤ 20kHz
測定温度範囲:-100ºC-150ºC
・4 mm Bruker H/F/X CPMAS solid Probe
最大回転数 ≤ 20kHz
測定温度範囲:-100ºC-150ºC

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 10,000円

※ただし、試料調製が必要な場合は、1試料につき調製費として、別途5,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

 

■核磁気共鳴装置(500MHz NMR)液体用

核磁気共鳴装置(500MHz NMR)液体用 日本分光ECA500

NMR, JEOL ECA500

本機は液体サンプル専用の高分解能機です。
プローブに自動チューニング機構や自動シム調整機構を搭載しており、高分解能の測定結果を得ることができます。
【搭載プローブ】
・5mm TH5ATFG2 Probe(オートチューニング付)
S/N比: ≧ 280:1 (1H 核)
測定温度範囲: -100 ~ 150℃
・1.7 mm Nalorac 1H{X} PFG Z probe S/N比:1H ≥ 90:1 (半値幅 ≤ 0.46 Hz) 測定温度範囲:-20ºC – 60ºC【測定可能核種】 1H、19F、31P~109Ag

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 5,000円

※ただし、試料前処理が必要な場合は、1回につき調製費として、別途5,000円を要するほか消耗品を用意する場合は、別途実費を要する。

 

■核磁気共鳴装置(600MHz NMR)液体用・固体用

核磁気共鳴装置(600MHz NMR)液体用・固体用 Agilent VNS600

NMR, Agilent Technologies VNS600

液体試料・固体試料の両方に対応したNMRです。
種々の観測核(1H、11B、13C、15N、19Fなど)に適したプローブを用意しており、幅広い核種の分析が可能です。
また、低濃度のサンプル等の高感度測定も可能です。
【搭載プローブ】
・5 mm Varian 1H-19F{13C/15N} PFG Triple Resonance Probe
S/N比: ≧ 1080:1 (1H 核)
S/N比: ≧ 1080:1 (19F 核)
測定温度範囲: -20~80 ℃
・5 mm Varian 15N,13C(1H-19F) PFG Triple Resonance Probe
S/N比: ≧ 330:1 (1H 核)
S/N比: ≧ 320:1 (13C 核)
測定温度範囲: -80~130 ℃
・3.2 mm Varian 1H/31P-13C/13C-15N BioMASTM Probe
回転数: ≦ 25KHz
測定温度範囲: -75~100 ℃
・1.2 mm Varian 1H-19F/31P-13C/13C-15N UltraFastMASTM Probe
回転数: ≦ 60KHz
測定温度範囲: 0~65 ℃

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 10,000円

※ただし、固体用は1試料につき調製費として、別途 10,000円を要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

 

■核磁気共鳴装置(700MHz  NMR )液体用

核磁気共鳴装置(700MHz NMR)液体用 Bruker Bio Spin AVANCE700

NMR, Bruker AVANCE700

液体サンプル専用の超高感度・高分解機能です。
超高感度クライオプローブを搭載し、微量サンプルやタンパク質の測定が可能です。
【搭載プローブ】
・5 mm φ CryoProbe TCI 700S4 H-C/N-D Z-gradient
S/N比: ≧ 7000:1 (1H 核)
S/N比: ≧ 1200:1 (13C 核)
測定温度範囲: 0~80 ℃

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 10,000円

※ただし、試料前処理が必要な場合は、1回につき調製費として、別途10,000円要するほか、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

 

■電子スピン共鳴装置

JEOL RESONANCE JES X320

ESR, JEOL RESONANCE JES X320

Xバンド帯 ESR測定装置 シミュレーションコードあり
UVレーザー照射により時間分解ESR測定可能
液体窒素及びヘリウム温度測定可能

利用料金:
 測定      1時間につき 6,000円

 

■極微小結晶用X線構造解析装置

FR-E RAPID

XRD, リガク FR-E & RAPID

検出器として、湾曲IP(イメージングプレート)検出器を搭載し、有機低分子の絶対構造決定や格子定数の大きな結晶の構造解析に有用です。
X線発生装置等:
Rigaku FR-E ++ Super Bright (45kV 55mA 2.475kW)
回転対陰極 (Cu, Mo波長切り換えに対応)
X線源 (Mo及びCuで二つの波長を切り換えて使用できる)
湾曲型人工多層膜ミラー Confocal Mirror 搭載 (Cu及びMoに対応)
ビーム径 (0.21mm)
イメージングプレート型検出器等:
湾曲IP検出面積 (750 mm×382 mm) カメラ長 (191 mm) 測定範囲 (165°)
ダイナミックレンジ (1~1,000,000) AU (アナログデジタルユニット/画素)
ゴニオメータ部等:1/4χゴニオ
吹付け低温装置 (-170~200℃)

利用料金:
 測定      1時間につき 10,000円

※ただし、構造解析をする場合は、別途10,000円を要する。

 

■2次元迅速測定X線回折装置(湾曲IPX線回折装置)

Rigaku RINT-RAPIDⅡ

XRD, リガク RINT-RAPIDⅡ

回転対陰極式 ターゲット:Cu, Moの2波長(真空状態のまま電動で切り替え)
最大定格出力:1.2kW(Moの場合、50kV-24mA)
X線光学系:共焦点湾曲型多層膜ミラー
検出器
イメージングプレート(IP)
ダイナミックレンジ:1050000(20bit)
カメラ長:127.4mm
ゴニオメーター:5軸方式(ω, φ軸はステッピングモーター駆動)
コリメーターサイズ:φ10, 30, 50, 100, 300, 800μm
ソフトウェア
測定・データ処理:RAPID/XRD(Windows7)
汎用2次元データ処理:2DP
統合粉末X線解析ソフトウェア:PDXL ver.2.1

利用料金:
 測定      1時間につき 6,000円

※構造解析はいたしませんので、ご了承いただきたく存じます。

 

■レーザーラマン分光計

ラマン分光器-1

日本分光 NR-1800

最高分解能:0.2 cm-1、波長精度:±1 cm-1 Ar レーザー:514.5 nm、488.0 nm、457.9 nm He-Neレーザー:632.8 nm 半導体レーザー:405 nm、532 nm、660 nm 検出器にCCDとフォトマルを搭載した可視領域のラマン分光器である(CCDは空冷と水冷)。 クライオスタットを装着することで室温から極低温(約5 K)までの範囲で測定ができる(液体、固体)。数mgの固体試料や基板の表面の測定も可能。

利用料金:
 測定・解析      1時間につき 10,000円

※ただし、室温以外の温度変化測定をする場合は、1時間につき20,000円

 

■フーリエ変換赤外分光光度計(赤外顕微鏡付)

83

FT-IR, 日本分光 FT/IR 6100

測定波数範囲:7800-350 cm-1
最高分解能:0.5 cm-1
ソフトウェア:JASCOスペクトルマネージャVer.2
クライオスタットを装着することで、液体や固体に関して、室温から極低温(約5K)までの範囲で測定ができる。
測定はKBr錠剤やヌジョール法、フルオロリューブ等で測定できる。またATRを用いた偏光測定も行える。

利用料金:
 測定      1時間につき 10,000円

※ただし、冷却・加熱測定をする場合は、別途1時間につき10,000円を要する。

 

機器利用(装置貸出)

■円二色性分散計

bio1

日本分光 J-720W

170 nmから800 nm までの円二色性スペクトルを測定し、核酸やタンパク質、DNAの構造を測定することが可能である。
たとえば、タンパク質の二次構造(αヘリックス、βシート)の割合を見積もったり、変性の有無を解析したりすることが出来る。
その他、DNAの二重螺旋形成なども評価できる。必要な試料は最小10 ug である。

利用料金:
自主測定      1時間につき 1,000円
依頼測定      1時間につき 3,000円
※ただし、試料調製が必要な場合は、1試料につき調製費として、別途2,000円を要するほか、当施設の石英セルを利用する場合は、セル使用料として1回につき別途1,000円を要する。

 

 

 

■単結晶育成装置

単結晶育成装置 水上製作所 MFX-3060II

単結晶育成装置, 水上電機製作所MFX-3060Ⅱ

工学分野で用いる各種単結晶を製造(育成)するための装置です。
Top Seeded Solution Growth(TSSG)法による結晶育成が可能です。
炉内6カ所のヒーターにより、最高900℃までの温度制御が可能です。
るつぼ設置台および上部の種結晶保持部はともに任意の速度での回転制御ができます。(回転数は上限あり)
装置下部からガスを流通させ、乾燥ガス雰囲気(アルゴン、窒素など)での単結晶育成も可能です。
(開放系のため完全ガス置換は不可)

利用料金:
 結晶育成    1時間につき 1,500円

※ただし、「るつぼ」や「シード棒」は利用者にて準備を要す。
また、ガス使用は別途料金を要するほか、装置の監視等が必要な場合は別途料金を要する。

 

機器利用お問合せフォーム

お手数ですが、すべての項目をご記入ください

お名前
ご所属
郵便番号
住所
電話番号
E-Mail
利用希望機器
装置利用の目的・内容
サンプルの性状などについても差し支えのない範囲でお答えください
当センターを知った方法